ダイワ販売株式会社|高速排気弁(プレスバック社製)

高速排気弁(プレスバック社製)

高速排気弁(プレスバック社製)

特徴

PV-ECOとPV-VOCは60年にわたってプレスバックが得た経験をもとに設計されています。
また、顧客の声も参考に最新技術によって開発しました。
PV-ECOとPV-VOCは同じデザインとなっていますが、利用方法が異なります。
PV-ECOはケミカル、プロダクトタンカー用として設計され、一方PV-VOCはクルード、VLCC用に設計されています。
また、PV-VOCはVOC排出を少なくする為、2段階(ブリージングとローディング)にてバルブを開放します。
PV-ECO、PV-VOCはIMO、MED(EN ISO 16852:2010を含む)の新規則に全て適応しています。

PV-ECO/PV-VOCプレッシャーバルブ

>PV-ECO/PV-VOCプレッシャーバルブ 製品画像を拡大する

PV-ECOとPV-VOCのプレッシャーバルブはさらに進化した性能を持ち、ソフトな開閉で低い積込量でも効率的な作動をします。クッション材を機器に搭載し長い配管でもハンマリングや振動を防ぐように設計されています。
PV-VOCプレッシャーバルブはVOC排出削減の為の効率の良い作動で設計されECOバルブと同じデザインとなっています。ブリージングの間(バルブの性能の約50%)プレッシャーの開閉の圧力が同じになります。この特徴は全段階においてVOCの排出量を低くします。
PV-ECOもPV-VOCも作動中のノイズが最小になっています。PVバルブ内のデザインによって他のバルブと比較すると10-15dB少なくなっています。また、PV-ECOとPV-VOCにはディスク/シートのダメージを軽減する為にオプションでプレッシャーシートのシールも準備できます。

HS-ISO PRESSURE VALVE

>HS-ISO VACUUM VALVE(バキューム弁) 製品画像を拡大する

貨物タンク内の圧力があらかじめ設定された負圧値を超えないように設計された装置。
設定された負圧値を超えると弁が作動し空気をタンク内へ送り込みます。
機器選定は揚げ荷レート(ディスチャージレート)からバルブの機器のサイズを選定します。
また、ブリーザー弁と同じ用途で使用することができ内航向けでも納入しております。
GAS FREEING COVER(ガスフリー装置)

>GAS FREEING COVER(ガスフリー装置) GAS FREE COVER

貨物油を揚げ荷後のタンク内は、酸素濃度が低く可燃性ガスが充満しています。
タンク内の乾燥、検査や修理を行う為に人が入る際、可燃性ガスを不活性ガスに置換、その後不活性ガスを空気に置換して人が入れる状態にする時の置換時の排出口となる装置。
別称フレームスクリーン、フレームアレスター等があります。別置のガスフリーカバーもございます。
このページの先頭へ